【プロピアニストによる指導】【幼児ピアノ教室・子供ピアノ教室・大人ピアノ教室】【リトミック】JR八王子駅南口から徒歩7分です。無料体験レッスン受付中。
  • さくらアカデミーのピアノ教室 | 1時間3500円からレッスンが受けられます!
  • さくらアカデミーのリトミック

八王子の幼児ピアノ教室、子供ピアノ教室、大人ピアノ教室、シニアピアノ教室なら八王子さくらアカデミー

リトミック

安いレッスン料
自慢の講師陣
ギター教室

八王子さくらのピアノ教室の3つのこだわり

  1. アットホームで楽しいピアノ教室
  2. プロのピアニストのピアノ教室
  3. 音楽理論に基づいたピアノ教室

幼児→ピアノに親しみ、楽譜を読めるようになる。音符カードやリズムカード、打楽器を使ったり歌ったりして様々な音程・リズムに親しむ。

ピアノの鍵盤は向かって右側にいくほど高い音、また左側に行くほど低い音、ということをピアノに触ったり鳴っている音を聴いたりを繰り返すことで反射的に認識できるようになる。

 

白鍵・黒鍵の並びを把握し、片手ずつ打鍵できるようになる。左右それぞれの手指の指番号を言えるようになり、また指番号に対応した指を動かせるようになる。

 

もっとも初期のレッスンのみ、階名(ドレミファソラシド)を全く知らなくても演奏できるイラストに近い易しい楽譜も使用。音の名前や鍵盤の位置が分からなくても短い曲が演奏できるようになり、講師といっしょに連弾ができるようになる。

 

真ん中のド―音名では«一点ハ»をスタート地点として、ド→レ→(低い)シ→ミ→(低い)ラ→ファ→(低い)ソ……、と徐々に音域を広げて音を学んでいき、楽譜を見て両手でそれらの音を弾けるようになる。並行して音楽ノート(五線譜)も使用し、様々な音符を書けるようになる。

 

ピアノに向かって座ったままではなく、時に歌をうたったり、タンバリンやカスタネットでリズム打ちをしたり、音符カードやリズムカードといったもので楽譜の読み方の予習・復習をしたりすることによって、少しずつ一人でも楽譜を読めるようになる。

 

教材としては主に、楽曲を学ぶ為の楽譜、技術を習得するための楽譜の二冊を使用。知っている歌や耳なじみのメロディーを弾けるようになる一方で、10本の指をそれぞれコントロールして打鍵できるようになる。

使用テキスト: おんぷの学校、うたとピアノの絵本、みんなのおけいこ、トンプソン ~小さな手のための、他

小学校低学年→しっかりした打鍵を身に着ける。いろいろなメロディー、ハーモニー、リズムに慣れる。ソルフェージュも取り入れ、楽譜により早く反応できるようになる。

使用テキスト: おんがくドリルワークブック、バスティンピアノレッスン、トンプソン ~はじめてのピアノ教本、バーナムピアノテクニック、他

小学校高学年→練習曲と楽曲をベースに学習し、より複雑な曲を演奏できるようになる。基本的な楽典の勉強も並行。

使用テキスト: おんがくドリルワークブック、チェルニー30番、ブルグミュラー25の練習曲、こどものバッハ、ミクロコスモス、ソナチネアルバム、他

中学生→テクニックを身につけながら様々な時代(またはジャンル)の楽曲を弾けるようになる。学校の音楽の授業で学ぶ楽典・音楽用語の予習等。

使用テキスト→レベルによる

  • リトミック

小さなお子様には、ピアノだけではなくリトミックで音楽を楽しんでもらいます。 リトミックは、体性感覚、視覚、聴覚といった感覚や、運動神経も使う脳科学の見地から 非常にすぐれた幼児教育方法です。

スタッフブログ

八王子の幼児ピアノ教室のカリキュラムランキング

まだ筋肉も未発達で力も弱い幼児がピアノを練習するためには、カリキュラムの工夫が必要不可欠です。無理なく地力を伸ばし、そして何よりも『楽しくピアノを弾くことを覚える』ためには、どのような教材が最適なのでしょうか? 今回は、 …

八王子の子供ピアノ教室のカリキュラムランキング

こんにちは。 筋肉がまだ発達しきっていない子供の時期において、どのような教材を使用するかはとても大切です。子供たちが無理なく基礎固めを行い、なおかつ楽しみながら練習できる教材はそれほど多くはありません。昔からの定番とも言 …

八王子の子供ピアノ教室でおすすめの教本10選

八王子のピアノ学習者にとって、それぞれの進度に合った教材を選ぶことは大切なことです。 八王子のピアノ教室では、読譜力や楽典、運指や表現力など個々人の得意な分野、苦手な分野を踏まえ、特性に合った教材をレッスンに取り入れます …

幼児ピアノ教室のおすすめ教材ベスト10

幼児のピアノ指導において重要なことは、飽きずに楽しみながら学べることです。 まだ集中力が長く持たず、ピアノの前に長時間座っていられない幼児には、鍵盤上で弾く以外の方法、例えば歌や、体操・ダンスや、お絵かき・色塗り(=記譜 …

大人ピアノ教室の脳への効果とは

昔も今も習い事の王道と言えばピアノ教室。 ピアノを習うことが成長期の子供にもたらす効果が、脳科学の側面から裏付けられ研究結果の数々が発表されています。 例えば、テレビでもおなじみ、脳科学者の澤口俊之先生(人間性脳科学研究 …

PAGETOP