リトミック教育の内容とそのメリットについて

皆さんはリトミック教育というのを聞いたことはありますか?リトミック教育は赤ちゃんの時から親子で楽しめる習い事として親しまれていますが、リトミック教育を行うべきなのか迷っている人もいるのではないでしょうか?

子育て中の親にとって、自分の子どもにリトミック教育を行うべきなのか、その内容を詳しくする必要性があるでしょう。リトミック教育には様々なメリットがあるので、まずはどんなメリットがあるのか知ることが大切です。それでは、リトミック教育の内容とメリットについてご説明しましょう。

リトミック教育とは?

リトミック教育とは、スイスの作曲家及び音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズによって考え出された音楽教育法です。

音楽を通じて身体を動かすことによって基本的な音楽能力が伸ばせると共に、子どもが持つ身体的、感覚的、知的の潜在的な基礎能力を発達させることができます。個人差にもよりますが、音楽を通して音感、リズム感、表現力、集中力、人格形成、潜在的に持っている基礎能力などを育てることができるのが大きな特徴です。

音楽に合わせて自分を表現するならダンスでもできると思われるかもしれませんが、ダンスは音楽に合わせて決められた踊りをしなければなりません。しかし、リトミック教育は自分自身で好きなように表現していいのが最大の違いです。同じくお遊戯や体操も決められた動作を何度も反復練習させることによって覚えさせる形式となっています。

リトミック教育は反復練習を行うことはなく、むしろ自分の五感で感じたままに頭で考え、身体で表現する創造力が養われるのが大きなポイントです。

リトミック教育で培われる能力とは?

リトミック教育で主に行われているのは、「リズム運動」「ソルフェージュ」「即興演奏」の3部構成です。

リズム運動では音の知覚能力を高める効果があり、ソルフェージュには歌などで音程を確認する能力が身に付き、即興演奏では自由に音楽を表現する表現力や創造力が身に付きます。

もちろんいきなり即興演奏を行うのは難しいので、リズム運動とソルフェージュである程度経験を積んでから即興演奏を行うことになります。リズム運動は音楽に動きを取り入れることによって、自分で感じたままに動きで表現することが求められるでしょう。

ソルフェージュは歌などで音程を確認することによって、全身でリズムを取りながら歌を歌っていきます。そして即興演奏では、自分で考え、その場で何かを表現することになります。これらの構成によって様々な能力が身に付くのが最大のポイントです。

人格形成の3要素は、心、身体、個性とされており、リトミック教育を受けることによって3要素をバランス良く伸ばすことができるとされています。

リトミック教育を受けるメリットとは?

リトミック教育には様々な特徴があり、幼少期から受けることによって様々なメリットがあります。

リトミック教育を早めに受けることで感受性や豊かな表現力や創造力、集中力を育てることができるので、子どもと一緒になってリトミック教育を受ける価値は十分にあるでしょう。それでは、リトミック教育を受けるメリットについてご説明しましょう。

心が育てられる

幼少期から音楽と人に触れることによって豊かな感受性を育むことができます。

音楽は聴く人の想像力が湧いてくるコンテンツとして親しまれており、子どもの頃から触れさせることによって豊かな感受性を育てることができるのです。また、音楽に触れるのは自分一人だけでなく、他にも多くの子どもも参加しているので、一緒に音楽に触れることによって向上心や競争力なども刺激されるでしょう。

小さい時から向上心や競争力を芽生えさせることによって、自分を成長させる力を育むことができます。

様々な力が育てられる

音楽に触れることで、表現力や集中力、知力や判断力といった様々な力が育てられるのも大きなメリットです。

様々な音楽に触れることによって、1曲ごとに違った表現ができるようになりますし、音楽を聴いてどんな風に動きを表現すればいいのか自分で考えられるようになるでしょう。また、数や言葉を覚える集中力も身に付きますし、曲を覚えるという知力も伸びていきます。どのタイミングで自分がどんな表現をするべきなのかどうかの判断力も身に付くなど、様々な力が育てられていくのは大きなメリットです。

個性が伸ばせる

音楽を聴いた時の感覚は人によって大きく違います。そこにそれぞれの個性があるので、子どもの大事な個性が伸ばせるのは大きなメリットです。

リトミック教育では自分自身の表現力を育てることができる上に、即興演奏によって自分が感じたままに全身で音楽を表現することになります。人それぞれの感覚は千差万別であり、表現力も大きく違ってきます。どのように自分で考えて表現するのか、そういった積極性や個性を伸ばすことができるでしょう。

集中力が高められる

リトミック教育を受けることで集中力が高められるメリットがあります。

音楽は常に単調なものではなく、常に変化しています。音楽を通して自分の表現したいことを動作で表現したい場合は、音を聞き分けるために集中して音楽を聴く必要性があるでしょう。リトミック教育の課程を行うことで、少しずつ集中力を高めることができます。また、内的集中力が身に付くのも見逃せません、

そもそも音楽に合わせて声や踊りで表現するというのは単にやみくもに動けばいいというものではなく、物事を順序立てて考える能力が必要です。音楽に合わせて自分が考える歌や踊りを表現するためには、どのようにすればいいのか考えないと整合性がなくまとまりがない動きになってしまいます。

そうならないためにも、内的集中力を高めることで自分が思い描く歌や踊りで表現できるようになり、結果的に表現力や創造力を育むことができるでしょう。

コミュニケーション能力や協調性が育てられる

リトミック教育はコミュニケーション能力や協調制度を育てるのにも役立ちます。

リトミック教育は、何も自分一人で歌や踊りなどを行うわけではありません。時には他に参加している子ども達と一緒に動く時に、周囲に合わせて同じ動きをしたり、ほぼ同年代の子ども達とチームを組んで一緒になって歌や踊りなどを発表することがあります。これは自分一人の力ではなく、チーム一丸となって力を合わせて歌や踊りによる表現力を発揮することになるため、協調性やコミュニケーション能力などがないと上手くいきません。

チームを組むのは仲良くなった友達と一緒に表現する楽しさを感じるだけでなく、友達と一緒になって一つの物事に取り組むことによって協調性やコミュニケーション能力が育つのも大きなメリットです。チームで話し合ってどんなものを発表していくのか決める過程で、お互いを知ろうとする能力が育まれるのは非常に魅力的です。

将来的に集団行動を行う機会は非常に多くあるため、子どものうちから協調性やコミュニケーション能力、ひいては社会性が身に付けられるリトミック教育は非常に有意義なものなるでしょう。

基礎体力が身に付く

リトミック教育は精神的な成長はもちろん、様々な身体能力が成長するのも大きなメリットです。

歌や踊りで表現するためには、音楽のリズムに合わせて踊ったり、体操や手遊びをしたりと全身を使って動く動作を行うことになります。様々な音楽に合わせて反射的に動けるように反射神経も鍛えられますし、スキップを習得することによってリズム感も養えるようになるでしょう。

特にリトミック教育の中にはスポーツトレーニングも含まれているため、自然と運動能力が鍛えられます。子どもの時から運動能力が鍛えられることで強い身体を育てることができますし、運動能力が高くなりやすいでしょう。

リズム感や反射神経、体操や手遊び、踊りと全身の運動センスが鍛えられるのが大きなメリットです。

まとめ

リトミック教育は集中力や創造力、協調性やコミュニケーション能力、社会性、反射神経、運動能力など様々な能力が鍛えられる非常に有意義な教育指導法です。必ずしも参加する必要性はないとはいえ、幼少期から参加することで将来的に備えた能力を身に付けさせることができるでしょう。

したがって、リトミック教育に参加する時はリトミック教室を比較する必要性があります。生の楽器を使っている教室であれば先生が子どもに合わせて音の強弱を調整することができますし、親子にとって先生や教室の雰囲気が合うかどうかが重要です。子どもだけでなく親にとって通いやすい教室であれば、有意義な成長過程を歩むことができるでしょう。

現役で演奏活動をしている先生が教えるアットホームで楽しいピアノ教室。八王子 さくらOne ピアノ教室

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。