子どものピアノ教育のメリットについて

皆さんは子どもにピアノを習わせたいと思ったことはありませんか?ピアノは子どもに習わせたい習い事のランキングで毎回上位にランクインするほどの人気がありますが、実際にピアノ教室に通わせるメリットについて分かっているのでしょうか?

なんとなく通わせた方が良いと思っている人や、自分も通ったから子供にも通わせたいと考えている人など、さまzまあな人がいるでしょう。しかし、実際にどんなメリットがあるのか分からずに子どもに通わせるのも酷な話かもしれません。

それでは、子どもをピアノ教室に通わせるメリットとデメリットについてご説明しましょう。子どもをピアノ教室に通わせる前に、どんなメリットやデメリットがあるのか知ることが大切です。

子どもをピアノ教室に通わせるメリット

子どもをピアノ教室に通わせるメリットは多くあります。感性が豊かになったり頭が良くなったりと様々なメリットがあるので、子どもが乗り気であれば通わせてみるのもいいかもしれませんね。

それでは、子どもをピアノ教室に通わせるメリットについてご説明しましょう。

頭が良くなりやすい

ピアノを弾く人は頭が良くなりやすいと言われているのは、ピアノを弾くために目や指、耳や脳をフル回転させているからだとされています。ピアノを弾けるようになるまで様々な五感を研ぎ澄ます必要性があることから、脳にいい影響や刺激を与えることができるため、結果的に頭の回転が早くなって頭が良くなりやすいと言われているのです。

また、楽譜を覚えて演奏することで集中力や暗記力などを、右手と左手を積極的に使うことで右脳と左脳の両方を鍛えることができるなど、様々なメリットがあります。特に右脳と左脳に関してはバランスよく使うことで脳の伝達をスムーズにする効果があるとされているため、ピアノ演奏は理に適った方法だと言えるでしょう。

音感やリズム感が身に付く

ピアノ演奏は自身の音感やリズム感を身に付けることができます。高い音や低い音の感覚を研ぎ澄ませることが可能で、音感を鍛えることによって他の楽器が演奏しやすくなったり、学校の音楽の授業でもいち早く理解できるようになるので成績も伸びやすくなるでしょう。

自分で繰り返し練習する習慣が身に付く

ピアノは一朝一夕で身に付くものではなく、自分で何度も練習していかないと到底身に付きません。諦めずに何度も練習しているからこそ身に付くのであって、練習しない期間が空くほどピアノの技術は身に付かなくなるでしょう。

もちろん自分だけでなく他にも自分と同じようにピアノを必死になって練習している子どももいるため、その子供たちに負けないように練習を繰り返す気持ちになりやすいです。自分で繰り返し練習してこそ成果を発揮できることが、子どもにとっての大きな喜びになるでしょう。

自分で考えて行動できる力が身に付く

ピアノ教室に通うことで、自分で考えて行動できる力が身に付くのがメリットです。自分でどうやって練習すれば身に付くのか自然と考える力が身に付くため、親が思っている以上に上達していることも少なくありません。反復練習を行う中で培ってきた能力は自分の頭で次は何をすればいいのか考えられるようになるので、自立心が向上していきます。

もちろん誰でも最初は先生に教えてもらいながら徐々に上手くなるのが一般的です。しかし、その中で上達するにつれて、何をすれば上手くなるのか、楽譜をどのように読めば弾けるようになるのかなど、次第に自分で考えられるようになるでしょう。

集中力が身に付く

ピアノ教室に通わせることで、優れた集中力を身に付けることができます。単にピアノを弾くだけといって侮っていると、上手くピアノを弾くことはできません。何故なら、ピアノを弾く時は楽譜を見ながらリズムに乗って鍵盤を弾かなければならないからです。

つまり、3つのことを同時にやらなければならないので、集中力が欠けていると上手くできません。ピアノを上手に弾くということはそれだけ集中力を切らさずに弾けるかどうかにかかっているので、効率良く集中力を鍛えることができるでしょう。

子どもをピアノ教室に通わせるデメリット

子どもをピアノ教室に通わせるデメリットもあります。メリットばかりに目を向けるのではなく、どんなデメリットがあるのか知ってから子どもに通わせるべきか考える必要性があります。

それでは、子どもをピアノ教室に通わせるデメリットについてご説明しましょう。

家で練習する際にピアノを購入する必要性があるかもしれない

ピアノ教室に通うこと自体は問題ありませんが、家で練習しないのはもったいないと思ってピアノを購入する必要性が出てくるかもしれません。

ピアノを購入する時は、基本的に良質なピアノであるほど値段が高くなります。値段が安いピアノでも練習することはできますが、それで上達するかどうかは分からないでしょう。もちろんピアノ教室に通うだけの方針にする選択肢もありますが、本気で上達したいと考えているのであればピアノを購入する必要性があります。

どんなピアノを購入するべきなのか、ピアノを設置するスペースを考えた上で選ぶのが大切です。

家の防音性を気にする必要性がある

上記と合わせて考えておきたいのが、自宅の防音性能です。

大きな音を出すピアノは自宅の中だけならまだしも、防音性が低いと近所にも音が響いてしまうので時間帯によっては近所迷惑になってしまう可能性が高いです。ピアノの練習をするためだけに防音性を高めるのもアリですが、そのためだけに費用をかけることに抵抗がある人もいるでしょう。

防音性を高めなくても日中にピアノの練習を行うのがおすすめですが、夜中となると近所迷惑になる可能性が高まります。近年ではイヤホンをつけることで近所迷惑になることなくピアノが弾けるタイプもあるので、自宅でピアノ練習を行う時は一考の余地があるでしょう。

ピアノを練習したからといって必ずしも頭が良くなるとは限らない

最も考えておきたいのが、ピアノを練習したからといって必ずしも頭が良くなるとは限らないことです。

もちろんピアノを練習することによって目や耳、手や指、右脳や左脳、集中力や記憶力などを鍛えることができるとされていますが、ピアノ以外を疎かにしている場合は結局ピアノだけを習っていても頭が良くなるということにはなり得ないでしょう。ピアノは確かに頭が良くなるツールになり得るとはいえ、ピアノだけをやみくもに習わせようとするのはかえって子どもに良くない教育になりかねません。

本当に頭を良くさせたいという意味でピアノを習わせるのであれば、ピアノ以外の勉強を怠らないようにする必要性があるでしょう。

まとめ

子どもをピアノ教室に通わせるメリットは多くあります。

子どものうちからピアノを習わせることによって頭が良くなる上に音感やリズム感が身に付きますし、自分で考えて行動する力など様々なメリットがあるでしょう。将来的にプロのピアノ奏者を目指すきっかけにもなりますし、ピアノ奏者にならなくても演奏や練習で培った経験は将来的に役立ちます。

ただ、ピアノだけを練習すればいいというものではありません。ピアノだけを練習していても、その他のことを疎かにしているとせっかくピアノの練習をしているのに頭が良くなっていないということになりかねません。ピアノだけを練習するのではなく、それ以外のことも疎かにせずに頑張って勉強することが本当の意味で頭が良くなるということになるでしょう。

もしも自分の子どもをピアノ教室に通わせたいと考えているのであれば、ピアノ以外のことも疎かにしないようにすることが大切です。

現役で演奏活動をしている先生が教えるアットホームで楽しいピアノ教室。八王子 さくらOne ピアノ教室

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。