八王子のピアノ教室:良いピアノの先生の探し方

急速に変化していく今、人のニーズも次々に移り変わっていますね。習い事もグローバルな世界に対応するべく、様々な物で溢れている状態ですよね。しかし、中でも根強い人気を誇る習い事はピアノ教室ではないでしょうか?

ピアノが弾けるという事は、何となく格好良いし自分も鼻が高い。そんな特別な印象を持っている人も多いでしょう。だからこそなのですが、ピアノ教室の先生も今や生徒さんから選んでもらう時代になりました。高級感を漂わせ、近寄りがたい高嶺の花的存在では生徒さんは誰も来てくれません。先生によっては最悪の場合、子供さんがピアノを大嫌いになってしまう事も考えられます。

大切な子供さんです。
やっぱり良い先生に楽しく習って上手になってもらいたいのは当然ですよね。

では、良いピアノ教室の先生とは一体どんな先生なのでしょう。

良いピアノ教室の先生とは?

私のピアノ教室の先生は昔さながらのイメージピッタリの人でした。スラリと伸びた背筋に細長い指でポロポロと弾くのです。
その姿を見て私は、子供心に気高さと気品さえ感じました。

しかし、今思い出せるのはそれだけで先生の人間的な表情というものは残念ながら思い出せません。何故ならば、先生とコミュニケーションをとった覚えがなくその人は先生というロボットのような人だったからです。

あの頃は先生が出張レッスンに来てくれていましたが、ピアノ教室の日は苦痛でたまりませんでした。そして、それと同時にピアノを弾く事も苦痛に感じていたのです。その後、人間的に好きだなと思える先生に巡り合えたのでそれからは順調にピアノの力も付き、音大まで行けました。

そういった事から良いピアノの先生の条件として、人間味あふれる人柄であるという事が挙げられるでしょう。
そして、何かしらその先生と波長が合うという事が大事です。そうすれば多少の難点は帳消しにもできますので、まるで恋人との出会いのようですね。

また、先生自身もピアノを大切に思っているという事も大事です。そういう人でなければ子供さんも当然楽しくないでしょう。
それから勉強熱心であるという事も避けられません。やはりピアノの世界でも新しいやり方が次々に出てくるわけですから「それは知りません、わかりません」では困りますよね。

他に指導力や技術力があるという事が挙げられますが、これは厳密に考えると子供さんの習う目的により状況も多少変わってきます。先生にもいろいろなタイプがいますから、例えばただ楽しくポップス等を弾きたいという目的なのにテクニック重視する先生では子供さんも満足感が得られず、嫌になってしまいますよね。
では、良いピアノの先生はどうやって探せばよいのでしょうか?

良いピアノ教室の先生の探し方 in 八王子

1.検索サイトからの先生探し

まず、習う目的を明確にしておかなければなりません。それをもとに調べていけば、条件に近いピアノ教室の先生が浮かび上がってくるでしょう。
そこには先生の情報がいろいろ載っていますので、何人かの候補を見つける事が出来ます。そして、それらの先生と実際にお話をしてみると良いでしょう。

2.SNSを利用した先生探し

ピアノの先生も一人の事業主です。ブログやフェイスブック、ツイッターでピアノ教室の先生の人柄や経歴、レッスン方針等がある程度見えてきます。
候補の先生が何人か浮かび上がったら、焦点を当て絞り込んでいく事が出来ますね。

3.八王子市のフリーペーパーや電話帳を利用したピアノ教室の先生探し

この方法もネット情報と同様、ある程度のピアノ教室の先生像が見えるものです。
情報発信している先生は教育に熱意がある人も多いですしね。

4.八王子の楽器店を利用したピアノ教室の先生探し

この方法は先生の人柄を知る確実性が増してきます。
経歴だけではなく実際に先生方と面識がある事が多いのですから。冷静に判断していける窓口のようなものですね。

5.口コミを利用したピアノ教室の先生探し

この方法は結構強い味方かもしれません。ご近所の話などはいろいろな視点から見ているものなので、様々な情報が飛び込んでくるでしょう。
また、自分の子供にピアノを習わせている親御さんの話も大事です。この人たちも同じように子供さんの為に良い先生探しをしているわけですから、何らかの有力な情報は得られるでしょう。

これらの方法で絞り込めたらその先生に体験レッスンの有無を確認し、可能であれば子供さんと一緒に行かれると良いですよ。
レッスンの雰囲気や子供さんとの相性など確認できますから。

【八王子のピアノ教室:良いピアノの先生の探し方】のまとめ

たくさんのピアノ教室の先生の中から理想的な出会いを見つける事はなかなか難しいです。
「いくら先生と話し合いながら努力しても無理そうだし、これだけの方法で探してもこの先生とは合わなかった」という事も考えられます。

しかし、その場合はその先生に固執する必要はありません。大切なのはピアノを習う事で子供さんが美しい芸術に触れ、生き生きと楽しく弾けるようになるという事なのですから。必ず良い先生との巡り合いは誰にでもあるはずですよ。

Follow me!