八王子のギター教室:初心者のためのギターの選び方3つのアドバイス

「ギターを始めたいけど、どれを買ったらいいかわからない!」という方も多いかもしれません。
一言でギターと言っても、アコースティックギターからエレキギター、ベースギターを様々な種類があります。
そしてその中でもレスポールやテレキャスター・・・といったように形状や音色で細かく分かれています。

これだけ種類が多いので、どれを買うか悩んでしまう方も多いでしょう。
そこで今回は初めてギターを買う方に向けて、ギター選びのポイントをご紹介します。

①好きな音のギターを選ぶ

一番オーソドックスな方法が好きな音のギターを選ぶことです。
ギター経験者の中には「アコースティックギターから始めた方が良い」と言う方もいるかもしれません。
おそらくその理由は、アコースティックギターの方がエレキギターに比べて弦を押さえる力がいるからでしょう。
そのためアコースティックギターから始めれば、途中でエレキギターに変えてもスムーズに弾きやすいと言われています。

反対に、エレキギターから始めて、アコースティックギターを手にすると弦を押さえる力の違いによって苦戦することが多いと言われています。
これを考慮すると「アコースティックギターから始めた方が良い」と言う方の意見も頷けます。

しかし一番大切なのは「あなたが弾いていて楽しいかどうか」です!
「初心者ならまず、コレ」と言われたギターを買っても、あなたがその音が好みでなければ練習も苦痛になってくるでしょう。
そのためあなたの好きな曲で使われているギターや好きなミュージシャンを参考にして選ぶことをオススメします。

②見た目で選ぶ

つづいて「見た目で選ぶ」のもギター選びでよくある光景の一つです。
ギターを続けていくためには、やはりお気に入りの1本を買って、モチベーションを高く保ちたいもの。
そのため、あなたが「これカッコいい!」、「かわいい!」、「おしゃれ!」と思うギターを選ぶことをオススメします。

インターネット上で様々なギターの画像を見ることができるので、そこで目星をつけてから実際に楽器店へ足を運び、弾いてみて決める、という流れでもいいでしょう。

また、好きなミュージシャンが使っているギターを見て選ぶのもオススメです。
プロのミュージシャンとなると数十万~数百万円のギターを使っている方が多いですが、見た目だけであれば手頃な値段で似ているものを手に入れることができるかもしれません。

しかし、レプリカやコピーモデルと言ってメーカーに無断で似ているギターを作っている悪徳な業者もあるので、特にインターネットで買うときは注意が必要です。

③値段で選ぶ

ギターを選ぶ上で、よく考えなければならないのが予算とギターの値段です。
いくら欲しいギターであったとしても、高過ぎて手が出ない、ということもあるでしょう。
最近では1万円をきるエレキギターやアコースティックギターも販売されています。
そのため、「最初は安いギターを買って、上達してきたら高いものを買おう」と言う方も多いそうです。

一方で、「何年も使うものだから、高くても納得するものを買いたい!」と言う方もいます。
これに関して、考え方は様々なのでどちらが正しいかは言えません。

自身で納得するまで考えて、どれくらいの予算を組むか決めてから購入するようにしましょう。
なお、エレキギターの場合は周辺機材(アンプ、シールド)の値段も予算に考慮することが必要です。

【八王子のギター教室:初心者のためのギターの選び方3つのアドバイス】のまとめ

初めて買うギターは思い出に残るもの。
そのため、迷ってしまうことも多いかと思います。

そこで今回は初めてギターを買う方へのアドバイスとして3つをご紹介しました。
音や見た目、値段と、ギターを選ぶには様々な要素があります。
これら3つを総合的に判断して、自身が納得するギターを選ぶようにしましょう。

Follow me!