八王子のこどもピアノ教室グループレッスンと個人レッスンの違い

グループレッスンと個人レッスンは、親子それぞれに異なる影響を与えます。

子供を先生とマンツーマンの個人レッスンに通わせているか、はたまた他の子供たちと一緒に先生1人に対して生徒が複数のグループレッスンに通わせているかで、子供達だけでなく、親の気持ちも変わってきます。

個人レッスンで受けた場合とグループレッスンを受けた場合に、どのような違いがあるのか、また、子供の成長を見守りながら、どのような効果を期待するべきなのでしょうか。

親から見える八王子ピアノ教室のレッスン

ピアノ教室の個人レッスン

個人レッスンの場合、比較的じっくりと、その子に応じた指導を行うため、レッスンのスピードには長短がつきます。時には同じ曲を1ヶ月以上弾かせ、限界ギリギリのところで次の課題を与えたりします。

逆にスラスラと課題を弾きこなしていく子は所見で弾けたとしても1週ほど与えて課題をこなしてしまったりします。この個人レッスンの場合、スラスラと進む子、ゆっくりと進んでいく子の違いを親が見る機会は少なくなります。

発表会で同じ年の子が弾いているのを聴いたときに比べてしまうこともありますが、基本的に親も他の子と比べなくて良いのでゆったりと構えることができるでしょう。

八王子ピアノ教室のグループレッスン

グループレッスンでは、同じグループの中で他の子供をよく見ることができるため、他の子どもとも比べてしまいがちです。大きな音楽教室では、いくつかのグレードに分かれているので、グループの中でのレベルは大して違いがなかったりします。こちらの場合、レッスンを見た親はハラハラしているというか、ソワソワしているような雰囲気が感じられます。ウチの子は大丈夫でしょうか。そんな声も聞かれます。

子どもにとっての八王子ピアノ教室のレッスン

子どもにグループレッスンと個人レッスンどっちがいいかを決めさせるというのも手ですが、まだ幼い子どもですから、自分のことをよく分かっていません。その判断がベストとも限りません。親御さんの意見を聞きながらも、お子さんの普段の様子を見て決めていくのがいいでしょう。

ゆったりとした子、他にやらせておきたい習い事がある子、一流を目指す子。これらが思い浮かぶ場合は個人レッスンがお勧めです。個人レッスンでは前述のとおり、個別の能力に応じた指導を受けられます。気長に楽しませてみたい、他に運動もさせたい、そんな場合は個人レッスンが向いているように思われます。

一流を目指す(プロ志望)の場合、たいていの場合は個人レッスンからはじめ、音高や音大へと進んでいく中でグループレッスンを自然と経験してゆきます。

積極的な子、友達を作りたい子、音楽を楽しませてあげたい子。これらが思い浮かぶ場合はグループレッスンをお勧めすることが多いです。グループレッスンでは、ひとつの集団としてレッスンが進んでいくので、周りとの関わりがとても多くなってきます。周りと一緒に演奏をすることで自然と友達ができ、協調性を学ぶことができます。これは将来吹奏楽やオーケストラに加わった時にとても役に立ちます。

こども八王子ピアノ教室グループと個人の違いまとめ

将来ピアニストになってほしいと願って、子供たちにピアノを習わせる親の方もいます。そのような場合は、個人レッスンがお勧めですが、子供が限界にぶつかって悩んだり、レッスンを放棄してしまったりすることもあります。

ピアノ教育は長い時間の訓練を必要とする性質を持っているため、それに伴う粘りと忍耐が必要です。これらはピアノだけでなく、学校や社会に入ってからも役立つ力になると思います。大変なときもピアノの楽しさを忘れないようにしていってほしいです。

今回は、グループレッスンと個人レッスンの違いや選び方を説明しました。グループレッスンと個人レッスンにはそれぞれ良さがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

Follow me!